胡麻、微笑む





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

花より男子第2話 :: 2010/03/30(Tue)

再放送だと、実際のオンエア時より時間が短くなりますが、今回は「サタケさん」のあの男シリーズがカットでしょうか?
実はDVDみてても・・・あそこは飛ばし(スミマセン、脚本家なのに!!)見だったので、そうだったらやっぱり楽ですね~。最高画質でもBD-RのDLなら9話全部入るし・・・超楽ちん。
VIVA!再放送!来週はリターンズやらないかしらね~(笑)


第2話
何気に好きです・・・というか、どうも私は「誤解・すれ違い」的ドラマが苦手。
往往にしてドラマはこの誤解が後をひき、どのタイミングでわかりあえるか、が盛り上がり&感動ポイントになるんだと思うのですが、もうこの間の無駄なゴタゴタが苦手で苦手で(苦笑)
そういや~「偽水戸のご老公」話もだめだったな~(遠い目)

じゃ~まさに花男なんて超ダメって感じなんですが・・・
まあ豪華なシチュエーションだし、必ずF3の誰かが助けてくれるし、とにかく道明寺の性格が最高に好きなので(潤君ではなく、道明寺!)許せるのである ←何目線なんだよ~


相変わらずの長い前ふり。
というわけで大体3話位までは安心して発展する恋、みたいな感じを楽しめるので、最高に幸せ


案の定、いろいろエピソードをかましてきましたよ。
登場人物もどんどん増えてね~、そうそうこうこなきゃね。
楽しいな~。


のっけから「団地前拉致→一億円をかけてのドレスアップ」
エステとヘアメイクに1千万、ドレスに1千万 →あり得ない!
宝石アクセでかれこれ1億円!!
宝石はわかるけど、あのドレスは・・・?

・変身ぶりを想像して笑う道明寺
ちょっと無邪気に”ねじ”が外れた感じがすごくでてて、好きだね~
・鏡の端から、足を組んで堪能見している道明寺
・喜ばない女はいないと豪語する道明寺
いいね~、かっこいいね~、男前だね~

そして玄関で加賀さんとつくし、このシリーズ最大の敵と初めてあったときの、加賀さんが・・・綺麗~だわ、貫禄~!
正直司くんは17-18才設定、うーんかなりの高齢出産だったはず(といつも思ってしまう)

そういえば去年3月に加賀さんと潤君が神楽坂のてんぷら屋さんに行って「デート、歳の差なんとか」って芸能サイトに書いてあったけど、食事位行くよね~(爆)
花男、リターンズ、ファイナルと親子役。しかも濃ーい親子役やって、潤君は持ち前の優しさで加賀さんをさりげなく若手のお話に誘ったりと、手放しで加賀様にほめられてましたもん。
しかも・・・実は潤君が15才(1998年)にで出演していたNHK連続水曜ドラマ「必要のない人」でも、おばさん役で共演してましたし。ちなみに「必要のない人」はたぶん潤君がでてることもあってDVD化された気配がありましたが・・・廃盤になるのが怖くて買っておきました。まだ1巻目しかみれてません!
絶対加賀さんのおごりだね。私だって仕事をやってくれる後輩男子ぐらい、奢ってあげるもんね。(ほんと芸能サイトって、最悪)

なんかだんだん 脱線してきた


この時に2Fの出窓から切なそうに「つくし」をみている司君には「キュン」です
似合うな~出窓(?)、綺麗な横顔だな~


あ~きたきた、第2話イベントその1

三条桜子に赤紙が貼られ、それを守ろうとした「つくし」と「道明寺」のバトル
「おまえ、何か勘違いしてないか・・・」うーん潤声だす。

靴にケチャップがかかり、他の生徒から桜子を守っていろいろな物を投げつけられるつくしをみて、つい止めてしまう司。
立場としてはそのままにできない=靴についたケチャップをなめれば許すという司

桜子をみながら、自分のためでなく友達のために、道明寺をにらみつけながらも膝を屈する。

井上真央って、やっぱり演技が上手だよね。第1話でも類に助けらたときの涙のタイミングや表情とか本当に上手。
そして・・この時の司のとまどいや止められない動揺とかが、潤君すごく上手だわ。
なんかこのときの道明寺、憎めないもの、なんか哀しい2人だな~


ううう、そして「よ、最高だぞ、おいしいぞ、花沢類!」と思わず声をかけてしまいたくなる最高の登場シーン
間違ってるよぅぅぅ(エコ~すらかかってるように聞こえる」
皆の心には(そんなこと=靴をなめる、をするのは間違ってるよ~)って聞こえてるんだよね、決して時差でなく。

司もホッとしたはず、とまどう気持ちをわからないまま。


さて、空港で静を迎えたシーン。
正直佐田さんは・・・お下手でした。まぁ綺麗ですが、セリフはやっぱり(苦笑)

しかしここでのポイント・・・旬君、潤君 2人とも実はほぼ完徹!
旬君のオールナイトニッポンが3/31(あ、今週だ)に終了することを2月末会ってるときに聞いて「俺出る」っていって、3/11にゲスト出演した時にこの時の話を2人で話しておりました。

・緑山スタジオで深夜12時すぎまで撮影した後、潤君が演技プランで思うところがあるって旬君に相談して
・一緒に聞きにいこうってことで監督に遅いけどすみませんって言いながら2人でいって
・その朝4時に成田撮影(静のお出迎えシーン)で、2人で移動して2時すぎから2人で飲んで
・潤君だけホテル泊、旬君は帰るはずだったんだけど泊ることにして潤君のホテルの部屋に行ったら・・・

松本さん、花より男子全巻をホテルに持ち込んでいたって話で(爆)
潤君曰く「車に積んでたから」だそうで。

で結局その漫画をみながら、「このシーンは原作だとこうだけどドラマだと・・・」的な話をまたまた話始める潤君をみて「こんな時間にこんなアツいことを言うんだ~」って旬君は思って。

このままだと眠れないよ~っていいながら、結局ほとんど眠らず撮影したそうです。
その時旬君は「こいつ真面目な奴だな~」と思ったそうで(潤君は照れてました)

それからお互いに夜中でも時間作っていろいろ話をして、いまの旬潤になっていったとのこと。

この話を、後日会社の旬君ファンが最後だからって録音していたのを借りて、また潤君ファンが全部テキスト化してくれたサイトを偶然見つけて。


今日「第2話空港シーン」で2人がイスに座っているシーンをみたら、もうなんかこう心がねほっこりしましてね。
そしてこのラジオはね、もうもうすっごい「良くて、かわいい話」がいっぱいいっぱい詰まってね、宝物です。



さて、もっとも好きな第2話イベントその2~静の家のパーティ~


いや、このお3人。いい仕事してます・・・いじわるシスターズ。この子たちがいないと面白さ半減。
お目がねにかなうようにお金と時間をかけて、これか~(苦笑)

何気に大好きなのが「つくし」に飲み物が掛けれたとき、イスに座っていた道明寺が(たぶん)みるにみかねてイスから立ち上がり近づいてくるところ。
完全、潤君歩きでした。ちょっとおしゃれな潤君歩き。

そしてそれを遮る(後ろで「あっ」って感じの司)類。

ハンカチを受け取るところが、真央ちゃん上手で、切なくかわいくてね。

で、グィって斜め上を睨む(いじわるシスターズに)類が、かっこいい。
やっぱり花男は「類」がおいしい
もしこれを潤君が演じてたら、ってちょっと思ったけれどこの後どんどん良い司の演技のことを考えれば、やっぱりこの配役で正解だったんでしょうね。

潤くん、いやいや司君、切ない。



しかし・・・あの態勢で・・・キスは ないかな~(爆)











スポンサーサイト
  1. 花より男子1
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。